>イチオシ情報>お祝いを頂いたらお返しをするのが常識!内祝いは心を込めて贈ろう

お祝いを頂いたらお返しをするのが常識!内祝いは心を込めて贈ろう

プレゼント

内祝いはもともとは幸せのおすそわけの意味がありました。現在ではお祝いを戴いたら、お返しを贈るのがマナーです。結婚のお祝いを頂いた場合、披露宴に来ていただけたときは引き出物がお返しに当たりますので、内祝いは不要です。お祝いを頂いたけれども披露宴に来られなかった場合は内祝いを贈ります。結婚式の時の写真と一緒に品物を持って先方を訪れるのが正式ですが、現実的には難しいので宅配便などで送ることが多いです。出産祝いを頂いた場合は、赤ちゃんを外に連れ出すのも大変なので、内祝いを宅配便で送ります。どちらも頂いてから1ヶ月後くらいまでに届くようにします。品選びのポイントは相手の趣味に合うもの、処分に困らないものを選ぶようにします。人気のギフトはスイーツ、高級タオル、食器です。

内祝いを贈る時の注意点は、金額、時期、のし、品選びです。金額は頂いた金額の半額から3分の1程度を目安にします。お祝いを頂いてから1ヶ月後くらいまでに贈ります。のしは結婚の場合は結び切り、出産の場合は蝶々結びです。品選びのポイントは、相手の家族構成に合わせ、使いやすく処分に困らないものが良いでしょう。個包装になっていて日持ちのする焼菓子や高級なタオル、ブランド物のシンプルな食器が喜ばれます。趣味の別れるアロマグッズなどの趣味のもの、キャラクター物は避けます。先方の好みがわかっていれば、コーヒーや紅茶も良いですが、日本茶は不祝儀を連想させるので避けます。結婚内祝いは新郎新婦の写真入りのものなどは使いにくいですし、処分に困るので、ジュースやワインのラベル程度にします。

女性